Hight Sierra(macOS 10.13)でAPFS

インストールした理由

気の迷いなんだけどね。
最近はWindowsでの生活に慣れていたからあまりMacを触っていなかったのでHigh Sierraのβ2を入れてみた。
目玉はAPFS

APFSとは

APFSっていうのはHFS+後継のファイルシステムソフトウェアです。iOS10.3から利用されており。iOS端末では大量に利用されているしβ利用時には問題もあったけどリリースされてからは問題なし。
なのでMacOSででも問題でないかなーという簡単な考え
HFS+は20年以上前のファイルシステムだしとりあえず古いんです^^;;

APFSのメリットはApple File System Guide Featuresに書かれています。

  • Clones
  • Snapshots
  • Space Sharing
  • Encryption
  • Crash Protection
  • Spase Files
  • Fast Directory Sizing
  • Atomic Safe-Save

があげらるらしい。
SnapshotsとかCopyが早いのは嬉しいかも。

インストール方法

インストールはDeveloperのサイトから落としてApp Store経由でダウンロードするというお手軽β体験。

インストール後すぐに聞かれるのはApple File System(APFS)にするかどうか
デフォルトはオフになっているけどどうせ体験するならつーかAPFSが今回一番の目玉だと思っているのでチェックボックスに入れて実行。
ダウンロード時間を含めて1時間程度で完了。
アプリケーションも入ったままそのままUpgrade完了

最悪再インストールするつもりだったので拍子抜けしました。
見た目/使い勝手はあまり変わらずだな。

ちゃんとAPFSになっている。

感想

まだ入れただけでほとんど使っていないけどまぁ使えます。

  • iTerm
  • Franz
  • Office系アプリ

とかが使えるからOK!!!
基本的な事は問題無く使えています。

使えないアプリも出てきています。

  • Chrome
  • Shift
  • kr

Chromeはつらい・・・まぁSafariであれば・・・
ということでしばらく人柱になってみる。

sshの鍵を忘れるSierraから忘れないSierraへ

Sierraにして面倒だなと思っていたのはsshでLoginするたびに鍵のパスフレーズを聞いてくること。

2017 01 07 10 36 49

かなりめんどくさい。
解決方法としては

ssh-add -A をする方法があるんだけど毎回実行するのはめんどくさいというよりも実行を忘れて毎回パスフレーズを聞かれて「はぁ・・・」みたいにテンションが下がるんだよなぁ。

macOS Sierra で ssh-agent の鍵をすぐ忘れられちゃうのめんどくさいんじゃこらーの対処法を発見。

.ssh/configに追記したらOKと書いてあるのでマネしてみる。
ぶらぼーー

AddKeysToAgent yes
UseKeychain yes
IdentityFile ~/.ssh/hogehoge
IdentityFile ~/.ssh/id_rsa

無事に解決。本の小さな日々のfrustrationが無くなるのは良いことだ

AirPodを使ってみて

来年1月中旬到着予定のAirPodsが2016年12月26日に届いた。
2015年中になくなるかもしれない「8つのもの」に書かれていて期待していたコード式のイヤホンが遂に私の手元に届いた。

他の人のレビューがたくさんあるのでまともなレビューはそちらをご覧ください。

iPhone 7にイヤホンジャックがなくなってBluetoothのSONYをMDR-ZX770BNを使っていました。
メリットでもありデメリットでもあるオーバーイヤー型ヘッドホンはやはり大きい。その大きさが好きなんだけどね^^;;

難点

  • ケースから取り出しにくい
  • NC機能がない
  • 音漏れが気になる

ケースから取り出しにくい

慣れの問題かもしれないがケースから取り出しにくいです。
ケースとAirPodsとはマグネットで固定されるタイプで思ったより取り出しが大変です。
ケースの形状が問題化はしらないけど引っかかりがないのがつらい

NC機能が無い

これは致命的とみるかは人によると思う。ノイズキャンセラーがないと耳への負荷が・・・・

音漏れが気になる

オーバーイヤー型との違いなのか音漏れが少し気になります。そりゃボリュームを上げたら音漏れをするのは当然なんだけどね。
日頃使いでは全く問題にならないレベルですし、私は基本車通勤だから音漏れを気にするシチュエーションが少ないから問題無い

“AirPodを使ってみて” の続きを読む

デモとかのプレゼンノウハウ

エバンジェリストが直伝 デモンストレーション テクニック 第 1 回

という動画をTwitter経由で教えていただき見てみた。確かにそうだよなぁ。できていないなぁと痛感中

プレゼンテーションは場数でどうにかなるけどこういう風にしたほうがいいよという上手い人の意見は聞いたほうがいい。

そのタイミングでデモやプレゼンをするときに使っているツールを読んで真似するように環境構築

西脇さんもこの記事にも書かれているように

  • 別のアカウントを作る
  • デスクトップは綺麗にしておく

は必須なのかもしれない。
LTや社内プレゼンする時にも手を抜かずにちゃんとやったほうがいいよね。
壁紙なんかも環境に依存しないでWindowsとMac統一させたいなぁ。

Microsoft Loves LinuxにあるMicrosoft ♥ Linuxの壁紙欲しい。
そのあたりで壁紙探してみよう。

OneDriveやOneDrive for Business連携が素晴らしすぎるからPowerPointの方を利用するパターンが増えている気がする。Apple製品で完結するならKeynoteでもいいけど、Windows端末でもと考えるとPowerPointの利用率が上がるんだよな。

“デモとかのプレゼンノウハウ” の続きを読む

Near LockとKnock

iPhoneを持ってMacから離れるとMacを自動的にロックしてくれるアプリ「Near Lock」のPro版が期間限定で無料配布中。を読んでNear Lockを試してみる。

Near Lockの動画

関係ないけど利用しているNockの方の動画がかっこいい好きだ。

Knockは「Knock♪Knock♪でMacのパスワードを解除」で書いたからのが2013年12月だからそこそこ利用している。
バージョンアップによりiPhoneアプリが起動していなくても解除できるようになったし正直困ってはいない^^;;

Near Lockで気になるのは

Nearlock text

  • 複数のMacで利用可能
  • 離れるとLockがかかる

とりあえずInstall

brew cask install near-lock
homebrewにあるからかなりらくちん。
とりあえずiPhoneと連携させてみる。

使い勝手

近づいたら確かに通知が来てロックが解除される。

2016 04 11 14 01 48

iPhoneとの距離はかなり適当な気がする。なのでロックかける場合は手動が安全だよなぁ^^;; “Near LockとKnock” の続きを読む

Apple純正ACアダプタを注文

Appleの電源アダプタ

  • 基本的にカッコ悪い
  • よく断線する
  • 延長が必須

今使っている電源アダプタ
2015120502

注文した理由

今使っているアダプタのケーブルが断線しかけているのでAmazonとかで売られている安い非純正品(¥3000程度)を購入予定で動いていたがMacの充電器は純正を使おうこの記事を読んでから危ねーと思い純正品を発注

まず重さが違うw
純正品の方が明らかに重く、部品が詰まっている感がある。

1万円は高いのは間違いない。
だけどMac本体は壊したくないもんなぁ。

“Apple純正ACアダプタを注文” の続きを読む

Apple Music/Google Musicどちらを選ぼうかな

Google Play Music を日本で提供開始しますなんて記事が出ている。

LINE MUSICAWA、Apple Musicに続きGoogleまで定額制音楽聴き放題サービスが日本で使えるようになった。

これだけ定額制音楽聴き放題サービスがあるとどれを契約するか悩ましい。 契約しないという選択肢ももちろんあるよね。
No Music No Life あるいは定額生き放題サービスとしてのベーシックインカムに書かれているが

定額制サブスクリプションサービスはとてもありがたいものだと思います。月に何枚も、場合によっては何十枚もCDを買っていたのが、月980円ですむわけですから。

これは私みたいな音楽にあまり興味もなくCDを1枚も買わない問いう逆の立場の人も嬉しいんだよね。 月980円出したらがっつり聞けるのはすごい。と思っていたらGoogle Play MusicとApple Musicを早速比較してみたでは

これは音楽配信サービス全般に言えることで、Google Play Musicに限ったことではありませんが、サービスはよくできていても、ユーザーの食い付きはあまり良くない。そもそも定額配信サービスというのは、かなり中途半端なポジションに置かれているわけです。 たとえば、CDを年に1枚も買わないような大多数のみなさんは、有料というだけで使いません。いわゆるライトユーザー層は、ユーザーにすらなってくれないということです。 そして、年に何十万円、何百万円と音楽や機材に支出するようなマニアにとっては、3500万曲というスケールのライブラリでも物足りません。320kbpsとはいえ不可逆圧縮フォーマットなので、立派なオーディオセットで聴くと、しっかりバレる程度の音質も許してもらえないでしょう。

だって・・・私は中途半端なポジションな人なのかも。 “Apple Music/Google Musicどちらを選ぼうかな” の続きを読む

ExpanDriveが便利すぎて鼻血が出そう

ExpanDriveが便利すぎて手放せない。

ExpanDriveを使うと外付けHDDとしてGoogle DriveとかOneDriveとかDropboxとかがマウントして使える。

これは素晴らしいよ。
最近の端末はHDDではなくSSDを積んでいるから容量不足に悩まされるからね。
これでInternetにつながれば外付けとして利用出来る。
Pogoplugみたいに自分でHDDの管理しなくていいし
複数サービスを使えばコストもかなり押さえられるし。
S3もmountできるから実質容量無制限も可能なのね。

ただ問題は $49.95(5,972.52円)と値段が安くないことだな。

それ以上の価値があるかはその人次第。
MacもWindowsでも使えるからデータ共有にはいいかもしれない。 “ExpanDriveが便利すぎて鼻血が出そう” の続きを読む

いざという時のInsomniaX

ACアダプタを忘れて電源を長持ちさせるためにクラムシェルモードで利用したらディスプレイの分長持ちするんじゃね?と考えやってみたら・・・

スリープするんだ(x_x)

ACアダプタを忘れた私が悪いんだけど・・・・
やっぱりACアダプタは2個用意しておいておくべきだよなぁ。

逃げとしてInsomniaXを見つけたので使ってみる。

このアプリを入れるとMacBookの蓋を閉じてもスリープしない。
これはこれで常用するのは危険なんだけどね^^;;
ガンガンbatteryを消費する事になると思う。 “いざという時のInsomniaX” の続きを読む

dot by dot で過ごすのになれてきた。

RETINA を DOT BY DOTでつかってみる。で書いたけどQuickResを使ってDot by Dotで作業していました。

正直この2880×1800とかの解像度に慣れると通常のRetinaの解像度(1440×900)では狭すぎる。
Retinaで緻密で美しい画面もいいけど広い画面が私は必要なのだー。
緻密に美しいTerminalとか美しいemacsとか今は求めていない^^;;

でTPOとかにあわせて解像度が変更出来るDisplay Menuが便利すぎる。
QuickResでも同じ事ができるがInterfaceはDisplay Menuの方が私は好き。

メニューバーからサクッと変更できるのも良いことだし。
ケースバイケースで解像度変更できるしね。

2014 11 15 11 29 48 “dot by dot で過ごすのになれてきた。” の続きを読む