Bookey Stickで折り畳みキーボード熱は最後か?

持ち歩きの最小構成(2017年10月22日)とか折りたたみ式Bluetoothキーボード(2016年12月4日)とかで折りたたみ式キーボードを探している私。

年に1度ぐらい持ち歩き用のキーボードが欲しくなる。キーボードの配列や折りたたみの仕組みが納得いかない。

いつも持ち歩いているボディバッグに入らないと困るとか

キータッチとか配列のわがまま言い始めるとHHKBを持ち歩くのが正しい道の最短コースなのもわかる。

家族と遊びに行く時とか持ち歩く訳には・・・ということで折り畳みが欲しい。

Bookey Stick

そんななか知ったのが棒状にたためるキーボード「Bookey Stick

FacebookやTwitterで感度の高いだめな人が買っていたので私も購入してみた。

“Bookey Stickで折り畳みキーボード熱は最後か?” の続きを読む

Web Presenterで手軽にネット配信

Blackmagic Web Presenterが手に入ったのでテストで遊んでみた。

Blackmagic Web Presenterとは

あらゆるプロ仕様のSDIまたはHDMIビデオソースをUSBウェブカメラの映像として認識。インターネットで高品質ビデオのストリーミングが可能!

SDI/HDMI → USB変換で利用できる。
ビデオカメラとかを中継するためにするキャプチャーカードもあるけどドライバとか考えるのが面倒なのでWebカメラとして認識する装置は価値がある。

公式サイトには

UVCおよびUAC対応のUSBビデオデバイスなのでドライバーは不要。Mac、Windows、Linuxに接続するだけです。Chromebookにも対応しています。

と明記されているのでPC経由で中継したい用途には最適。
スイッチングとかはHDMI/SDIで入力される段階で済ませておけばいいし

開封

箱の中身は本体と説明書のみ
説明書はSDカードにPDF形式で収められています。

電源コードやUSBケーブルすら入っていません。プロ用機材ってこんなものなの?

使用する電源ケーブルはモニターとかHUBで使われている3ピンソケットの電源ケーブル

USBはType-Bで接続します。

Type-Bのケーブルってないし・・・
標準でついていないのは困るなぁ。どこからか引っ張ってくることにする。

配信環境

下図のように接続しました。

間に装置(Blackmagic Web Presenter)が挟まっているために本来は遅延が発生しているはずですけど気にしないことにする。

配信アプリ

何を使って良いかわからんので適当に「Open Broadcaster Software」をチョイス。
便利なソフトウェアがあるんだねぇ。いろいろなサービスに対応しているのも嬉しい。

twitchはamazonが買収しているのでしばらくはゲーム配信ではトップなのかなぁ。
YouTubeは言わずもがなの動画配信プラットホームの最大手

“Web Presenterで手軽にネット配信” の続きを読む

ウイルスバスターfor HomeNetworkは控えめに言ってもかなり素晴らしい

ウイルスバスター for Home Networkがお盆真っ盛りの中届いたのでレビュー。ウイルスバスター for Home Networkは初年度19,224 円、2年目以降6,480円
のセキュリティAppliance。
正直初年度が2万円弱って高い、でも高いだけの価値はある。高いと言っても家庭用なのでFortigateとかよりうんと安いんですけどね^^;;

ウイルスバスター for Home Networkとは

  1. 保護端末へのインストール不要※ご家族のリスクのあるインターネットの利用状況や保護状況を可視化。
  2. ご家庭内のネットワークに接続された機器を、フィッシングやウイルス感染の恐れのある不正サイトなどへのアクセスからブロック
  3. お子さまに安全なインターネット利用を提供
  4. ご家庭のネットワークへの侵入やネットワーク内での盗み見行為を監視します
  5. 不正な遠隔操作やネットワーク攻撃から防御

こんなことが出来るらしい。
最近はウイルス対策ソフトが入れられないOSとか実はOS UpdateしていないデバイスとかUpdateができないOSとか色々ありそう。

そのうえ台数が増えると管理するには厳しいよねー

我が家の場合は無線LANに接続されているデバイスが10台ぐらい

これらすべてをある程度守となるといくらかかりますか?というやつで、1台あたり年間2,000円弱ということでそう考えるとありだよねー^^;;

家にあるデバイスってあげると・・・数えたくないなぁ

“ウイルスバスターfor HomeNetworkは控えめに言ってもかなり素晴らしい” の続きを読む

MomentのケースとWide Lens

Momentというケース&レンズを買った。

ケースにMounting Systemがついていてそこにフィットするようになっている。
Olloclipとか挟むタイプだとセッティングがめんどくささそうなのでケースと一緒に購入。

購入したレンズはNEW WIDE LENS $99.99

レンズが美しい。

これはCONTAX のHologonレンズみたいなイメージ。

“MomentのケースとWide Lens” の続きを読む

LINEのスマートスピーカー「WAVE」を予約してみた

ハッカーズチャンプル2017でもVUI(Voice User Interface)の話がでていたし、Google HomeにAmazon Echo、HomePodが日本上陸までしばらく時間がかかりそうなので先行発売されるLINEのスマートスピーカーWAVEを予約してみた話。

LINEは14日、クラウドAIプラットフォーム「Clova」を搭載したスマートスピーカー「WAVE」先行体験版の予約販売を開始した。価格は1万円(税込)で、7月下旬より順次発送予定。なお、正式版は近秋発売し、価格は15,000円(税込)となる。先行版と正式版はハードウェアは共通のため、先行版も後日のアップデートでフル機能を利用可能になる。

先行版だと5,000円も安いのか。
Clovaがプラットフォーム名で、WAVEがスマートスピーカーの商品名なのね。
7月下旬ということなので8月には届いていると嬉しいなぁ。

LINEのスマートスピーカーだけあって先行版購入にはLINEが必要なのは当たり前だけど・・・支払いにLINE Pay必須なのも当然か・・・LINE Pay登録している人ってそんなに多くはなさそうな気がする。

WAVEで何ができるの?

スマートスピーカーって今後はGoogle HomeにAmazon Echo、HomePodを考えるとスピーカーの数が増える一方?
このタイミングでスマートスピーカー以外を買うのは負けじゃないか?と思い始めているけど
どうなんだろうか?

スマートスピーカーを比べて見る

上記4つで比べて見る。

値段

ざっくりと調べた金額だから怪しいけどLINE WAVEが安いのか

種類だいたいの値段$
Google Home$129
Amazon Echo$179.99
HomePod$349
LINE WAVE$150

基本音楽聴くのと、天気調べる事ぐらいじゃないかと思っているんだけど
便利な使い方を教えて欲しい。

LINEの利用率はあまり高くないので長男のアカウントを紐付けると楽しいことができそうなのでそうする予定

MX Master 2Sを買ってみた

Interopにもブースを出していたLogicoolから出たMX Master 2Sを買ってみた。
マウスを購入するのも久しぶり、ここ数か月はトラックボールを使っていたけどマウスが便利なこともあるし・・・^^;;

ノートパソコンだと普通にトラックパッドの利用が多いし。Macだとタッチパッドだしマウスって買わないもんなぁ。

持ち心地

ある程度の大きさがあり持ち運びには全く向かないけど触った感じはすごくいい。
サイズとか持ち心地にすごくこだわっているらしく

人の手によって完璧に成形された形状は、快適で自然な位置で手と手首をサポートします。適切に配置されたボタンとホイールによる、細かい動作制御と滑らかな動きを体験してください。

なんてことを説明員にも言われた。
そのためか触り心地はいい。

親指にふれる箇所のこだわりは半端ないよなぁなんて感じるぐらいにしっくりきます。

MX Master 2S

クリック感

ボタンがたくさんついている^^;;というのが最初の感想

総ボタン数 (チルト機能含む) : 7

7つのボタン・・・そんなにボタン使うのかなぁ
ボタンは慣れていないからホイールと右クリック、左クリックという基本的なボタンしか使っていない^^;;
なれたら使えるんだろうけど、そんなに使うのかな・・・

アプリケーションで設定できるのは素晴らしいよねー

ハードウェアとソフトウェア両方そろってという製品が多いよねぇ

親指で押下するのは個人的には厳しい。
気持ちはわかる!!でも無理!!
横スクロールにデフォルト割り当ててある親指のホイールをデスクトップの切り替えに変更はした。
細かいところが設定できるのはありがたい。

ホイールを回したときにクリック感のON/OFFがデフォルトでは1クリックで選べるのも嬉しい。

最近のマウスはすごいよねぇ~

目玉のLogicool Flow

複数台数のパソコンでマウスが共有できる。
これは地味に嬉しい。

画面の位置は変更可能。
3台体制のタイミングはあまりないけど2台体制はわりと普通。

画面端まで持って行くと次のPCにマウスカーソルが移るのは便利。

アプリケーションをインストールしてFlowをONにしないといけないけど便利便利

まとめ

Logicool Flowを利用しないのであれば値段1.2万は安くはないはず
ただFlowを利用するならあり。
というか複数パソコンを使うなら必須。

ただマウスが共有出来るようになるとキーボードも共有したいよいー
キーボードが共有出来るツールってあるのかなぁ?
とおもっていたらLogicoolからキーボードが出ていた
ただしJIS配列・・・・
US配列が使いやすいから好きなのにぃ〜JIS配列かよー

Surface用キーボード購入

購入理由

日頃他の端末ではUS配列英語キーボードを利用しているけどSurfaceのみJIS配列

Surface Pro 4を使い始めて1年以上。欲しかったSurface Pro 4 Type Cover US配列 英語キーボードを購入しました。

理由は衝動買い。

キーボード配列が変わるとかなり不便なのが第一の理由。
1年以上ガンガン使っているとへたってきて剛性が気になるようになったので入替。

メリット

US配列英語キーボードを使い始めて2日だけどメリットは

  • スペースバーが大きくなった
  • 使い慣れた配列キーボードらぶらぶ

使いやすいさUP
スペースが大きくなったら変換とかしやすくなっている。
実はJIS配列だとコマンドでの引数でのスペースをたまに入力されていなくて困っていたんだけど無くなった。

やっぱり使い慣れた配列キーボードっていいねー。
生産性が向上した気がする。

デメリット

  • 色はブラックしかない
  • 値段が高い
  • Surface Pro 5でインターフェイスが変わるリスクがある

カラーリングが選べないのは売れていないからなの?

値段が1.7万。
これは高い。キーボードで1.7万円はHHKとかに比べたら安いけどSurface専用と考えると高いx_x
一瞬悩んだけど寝起きに注文^^:;

これでSurface Pro 5で使えないという悲しいことはないと思い込んでいる
形状変わったらショックだなぁ~

英語キーボードのおかげでSurface ラブラブ度合いUP

まとめ

Surface を利用しているUSキーボードラブラブな人は購入する価値あり
ほかにはJIS配列キーボードも持ち歩くとなおさら利用価値高い。

JIS配列キーボードを付けたらJIS配列と自動認識してくれるし、US配列キーボードを刺せばUS配列と差し替え利用が可能になるのがありがたい。
たまにJIS配列キーボードじゃないといけないタイミングってよくある。
US配列利用者にしかわからないかと思うけどVMWareのコンソール接続の時にサーバがJIS配列だとするとはまりますよねー
1.7万円と安くはないけどその価値はある「¥」入力時におおはまりしなくていい保険^^;;

方手持ちのジンバルSmooth-Qを注文

Zhiyun Techの新しい方手持ちジンバルSmooth Qが3月15日に詳細情報が出た。
Facebookのページによると

Plate for GoPro mounting on Smooth-Q smartphone gimbal.
Final price of the Smooth-Q (below US$150) will be released on March 15th.
Join “Zhiyun Smooth-Q” group, and we will release the final price, even make pre-order deals there.

値段をみて驚いた。$150ってジンバルの価格破壊。通常3軸ジンバルは3.5万前後というような感じだから半額以下で手に入るのはかなり安く感じる。

CoC

DJI Osmo Mobile37,800円
Feiyu Tech SPG34,900円

とかがメジャーだと思うけどそれなりの値段するんだよねぇ~

動画をみて思うのは縦型に固定できる。最近periscopeを利用して思うのは縦固定で配信している人が多いと感じる。
今持っているFeiyu Tech SPG PlusはPortraitはできないことはないけどジンバル自体を90度回して縦にするからかっこ悪い。
方手持ちのジンバルがほしいということで3/15にAmazon.comでSmooth Qを注文。

今はAmazon.co.jpでも扱っているけど3/15には扱っていなかったんだよなぁ。

今のStatusはPreparing for Shipmentなのでまだ届くのは先になりそう。

期待大。届いたら撮り比べしてみたい。

届くまではYouTubeのレビューで妄想しておくかな^^;;