【Windows 10】ログイン時に2回もパスワード入力させられる

Fall Creators UpdateにしてからWindowsサインイン時にパスワードを2度要求さる問題について
私の端末だけだろうと思っていたら実家でも同様な事象が起きていて対応するために調べてみた。

毎回2回入力するのは確かにストレスだしねぇ〜

WindowsのフォーラムWindows10 Fall Creators Updateでログインパスワードを2回要求される【Ver1709】に書かれていることを実施

設定変更

「Windowsの設定」→[アカウント]→[サインインオプション]をクリックします。

[更新または再起動の後にサインイン情報を使ってデバイスのセットアップを自動的に完了する」の項目を[オフ]にします。

“【Windows 10】ログイン時に2回もパスワード入力させられる” の続きを読む

ブログ記事を音声化してみる

Twitterを眺めていたら

なんて流れてきた。
VUI(Voice User Interface)は流行ると思うし、スマートスピーカーも興味あるし。実際試してみた。

でもこのタイミングなら「【 AWS 新リージョン】 AWS 大阪ローカルリージョンが本日より利用可能になりました」に飛びついて確認すべきだとは思うけどまぁいいや^^;;

AWS 大阪ローカルリージョンをご利用いただくためには、申し込みおよび審査が必要です。

なんて書かれているから一般利用が出来るのはまだ先のことかな。

ご利用の WordPress ブログに新しい Amazon Polly の声を通りにしたら普通に使えます。

IAM コンソールに移動して、新しいポリシーを作成します。

必要なポリシーはamazon-polly-wordpress-pluginの通りに設定しました。

AWS側でPolicyとユーザの作成

{
“Version”: “2012-10-17”,
“Statement”: [
{
“Sid”: “Permissions1”,
“Effect”: “Allow”,
“Action”: [
“s3:HeadBucket”,
“polly:SynthesizeSpeech”,
“polly:DescribeVoices”
],
“Resource”: “*”
},
{
“Sid”: “Permissions2”,
“Effect”: “Allow”,
“Action”: [
“s3:ListBucket”,
“s3:GetBucketAcl”,
“s3:GetBucketPolicy”,
“s3:PutObject”,
“s3:DeleteObject”,
“s3:CreateBucket”,
“s3:PutObjectAcl”
],
“Resource”: “arn:aws:s3:::audio_for_wordpress*”
}
]
}

“ブログ記事を音声化してみる” の続きを読む

HTTPS Onlyな世界になるのかー

High Sierraの10.13.4 Developer Beta2が出ていたのでインストール。

【重要】WordPress手動更新のお願いで手動更新しようかと思いとあるWordPressの管理画面に行くとこんな画面になった・・・

Webサイトは安全ではありませんHTTPでの入力は確かにダメだよねぇ〜だからといって・・・

うーん素直にHTTPS化すればいいだけなんだけど色々と思う訳ですよ。

入力さえなければ暗号化する必要あるの?という疑問もあるんだよなぁ。
HTTP/2対応で高速化するとしても

“HTTPS Onlyな世界になるのかー” の続きを読む

あるタイミングでSSLサーバー証明書無効化

Facebookで世界30%のSSL証明書が3月と10月に強制無効化!? あなたのサイトが大丈夫か確認する3ステップなんて記事が流れてきたので目を通してみた。

Google vs Symantecって確かにあって、SymantecがSSL証明書発行の部分を売ったんだよねーぐらいだったけど

下記の証明書発行元の証明書が無効化されるらしい

  • Symantec
  • GeoTrust
  • RapidSSL
  • Thawte

そろそろちゃんとしないと今年の秋には信頼されなくなる可能性が高いのね。
ChromeやFirefox以外のブラウザでの扱いが決まっていないけど
ページにかかれているように確認してみる。

“あるタイミングでSSLサーバー証明書無効化” の続きを読む

chromebookは仕事で使えるのか?

Chromebookを利用しはじめた理由

なんて書いたら貸していただける方がいらっしゃった^^;;

SNSすごい。

Chromebook

お借りしたのはacer chromebook C720

スペックは下記の通り

CPUCeleron 2955U
Memory4G
SSD16GB
バッテリー駆動時間8.5時間
画面サイズ11.6インチ
重量約1.25kg

見た目ではChromebookなのかWindowsPCなのかは区別つきにくいんじゃないかなぁ。
天板にChromeのロゴがあるぐらい

使ってみた感想

  • 当然だけど起動がチョッパヤ
  • ブラウザだけでできることって予想以上に多い
  • キータッチがいい感じ
  • キー配列がもうちょっと・・・
  • 電池の持ちがいい
  • 軽い

C720の少し残念なこと

  • 充電形状が特殊(USB Type-Cでの充電希望)
  • タッチパネルではない
  • 画面解像度がもう少し欲しい

すごく不満ではなく、機種によってはたぶん可能だと思われる

“chromebookは仕事で使えるのか?” の続きを読む

CloudFrontでキャッシュされている?

AWSの料金(2017/11)で書いたような金額なんだけどCloudFrontってちゃんとキャッシュされているか確認していなかった^^;;

  • 本当にキャッシュされている?
  • Hit率ってどれぐらい?
  • どれぐらいの容量を捌いている?

もろもろが気になったので調べてみた。
使ってはいるけど確認はしていなかったというやつ^^;;

キャッシュの有無

レスポンスヘッダのx-cacheを見たらキャッシュされているかわかります。

コマンドは

curl -svo /dev/null https://www.barasu.org/

これでOKです。

1回目(キャッシュなし)

curl -svo /dev/null https://www.barasu.org/
* Trying 54.230.108.126...
* TCP_NODELAY set
* Connected to www.barasu.org (54.230.108.126) port 443 (#0)
(略)
< cache-control: max-age=604800
< x-cache: Miss from cloudfront
< via: 1.1 7727d44fd16a7a76bb8fa7045a2983b0.cloudfront.net (CloudFront)
(略)
* Connection #0 to host www.barasu.org left intact

2回目(キャッシュあり)

curl -svo /dev/null https://www.barasu.org/
* Trying 54.230.108.126...
* TCP_NODELAY set
* Connected to www.barasu.org (54.230.108.48) port 443 (#0)
(略)
< cache-control: max-age=604800
< x-cache: Hit from cloudfront
< via: 1.1 7727d44fd16a7a76bb8fa7045a2983b0.cloudfront.net (CloudFront)
(略)
* Connection #0 to host www.barasu.org left intact

キャッシュにHitしている場合にはx-cache: Hit from cloudfrontって表示されるのね。

2回目からはキャッシュされるのがわかる。
これはExpireは1dayだったはず。

容量確認

どれぐらいの容量をEdge Locationから配っているかはAWS CloudFront Managementから確認できます。

“CloudFrontでキャッシュされている?” の続きを読む

CloudFront経由にしたらWordPressでビジュアルエディタが使えない

しばらく前からWordPressのビジュアルエディタが使えない状態でした。サーバ側の設定が悪いんだろうと思ってスルーしてました。私1人用のBlogなのであまり気にもしていなかった。

そしたらWordPressでビジュアルエディタが使えない問題の解決策まとめなんて記事を見つけた。
ズバリ書いてありました。CloudFrontが悪さをしてました。
User-agentによってビジュアルエディタを出す、出さないの判断していたのかー

User-agentを確認するPHPをサーバに置いてブラウザでアクセスしてみます。
PHPのCodeは下記の通り

<?php
$ua = $_SERVER[“HTTP_USER_AGENT”];
echo “$ua”;
?>

ビジュアルエディタが見えないパターン

Amazon CloudFront

希望する結果

Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_13_2) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/62.0.3202.94 Safari/537.36

“CloudFront経由にしたらWordPressでビジュアルエディタが使えない” の続きを読む

ImageOptimで画像をダイエット(画像多め)

表示速度は正義で書いたように表示速度を上げるには

  • リダイレクトを減らす
  • 画像を減らす
  • linkタグでDNSの事前解決を行う
  • WebPを検討してみる

だと現時点では思っている。で画像を減らすを少し考えて画像の容量を減らすということでダイエットをしてみる。
ImageOptimというツールが良いという噂を聞いたので入れてみた。

ImageOptimの設定

非可逆圧縮をONにして80%に固定してみる。

“ImageOptimで画像をダイエット(画像多め)” の続きを読む

certコマンドで証明書情報を手軽に表示する

SSL証明書の有効期限確認に便利なツール「cert」っていうのを見つけて入れてみた。

Windows10でもHigh Sierraでも動作しました。

certとは

genkiroid/certに書かれているように
Cert is the Go tool to get SSL certificate information.

Go言語で書かれたSSL証明書の情報を表示するツールです。
最近はSafariでは鍵マークをクリックしてとか、ChromeだとChrome DevToolsを起動してとか証明書の情報見るのがめんどくさい手順が必要なのでコマンドラインからサクッと情報が見れるのはかなり嬉しい。

Windowsへのインストール方法

GitHubのreleaseからWindows版の最新をダウンロードします。

2017/11/21段階ではcert_0.7.0_windows_64bit.zip

ダウンロードが完了したら展開すると中にcert.exeが入っていますのでそれをパスの通ったところにおいてください。

Macへのインストール方法

Macの場合はbrewを利用します。
brewは入っている前提で話を進めます。

$ brew tap genkiroid/homebrew-cert
$ brew install cert

これで終了。

インストール後の確認

$ cert –version
cert version 0.7.0

versionが表示されたらOKです。

certの使い方

cert サーバ名で情報が取れます。

cert www.barasu.org

DomainName: www.barasu.org
IP: 54.230.108.218
Issuer: Amazon
NotBefore: 2017-08-14 09:00:00 +0900 JST
NotAfter: 2018-09-14 21:00:00 +0900 JST
CommonName: www.barasu.org
SANs: [www.barasu.org]
Error:

証明書期限の他にIssuerに証明書を発行元が表示されるのが思ったより便利
いろいろなサイトを調べてみると楽しい。

期限が1ヶ月切っていたのでLet’s Encryptの更新を行う。
気がついてよかった・・・(自動化しろという話もあるんだけどスルーしている私)

cert -f mdサーバ名と指定したらMarkdown形式ででも表示可能です

cert -f md www.barasu.org casper.barasu.org
DomainName | IP | Issuer | NotBefore | NotAfter | CN | SANs | Error
— | — | — | — | — | — | — | —
www.barasu.org | 54.230.108.218 | Amazon | 2017-08-14 09:00:00 +0900 JST | 2018-09-14 21:00:00 +0900 JST | www.barasu.org | www.barasu.org |
casper.barasu.org | 52.68.190.9 | Let’s Encrypt Authority X3 | 2017-11-21 08:26:45 +0900 JST | 2018-02-19 08:26:45 +0900 JST | casper.barasu.org | casper.barasu.org |

Tableにしたらこんな感じ

DomainNameIPIssuerNotBeforeNotAfterCNSANsError
www.barasu.org54.230.108.218Amazon2017-08-14 09:00:00 +0900 JST2018-09-14 21:00:00 +0900 JSTwww.barasu.orgwww.barasu.org
casper.barasu.org52.68.190.9Let’s Encrypt Authority X32017-11-21 08:26:45 +0900 JST2018-02-19 08:26:45 +0900 JSTcasper.barasu.orgcasper.barasu.org

これだけ見えたら楽だと思う。