wp cliで WordPress 5.0へのUpdate

Voiced by Amazon Polly

WordPress 5.0 release

WordPress 5.0 “Bebo”ということらしい。
「Say Hello to the New Editor」なんて書かれている
とりあえずメジャーバージョンアップ。セキュリティの観点からもさっさと上げておいた方が安全。他のhostを上げる前にテストを実施

ブラウザでのUpdate

普通はブラウザからUpdateを実施するのが普通です。 UpdateするためにLoginするのがめんどくさい。このサイトはGoogle Authenticatorを入れているのでLoginするたびに2段階認証がONになっています。

WP CLIでアップデート

WP CLI Install

wp-cli.pharファイルのダウンロード
$ curl -O https://raw.githubusercontent.com/wp-cli/builds/gh-pages/phar/wp-cli.phar
実行権限を付与して、PATHの通ったDirectoryへCopy
$ chmod a+x wp-cli.phar
$ sudo mv wp-cli.phar /usr/local/bin/wp
動作確認
$ wp cli version
WP-CLI 2.0.1
$ wp --info
OS:     Linux 4.14.77-70.59.amzn1.x86_64 #1 SMP Mon Nov 12 22:02:45 UTC 2018 x86_64
Shell:  /bin/bash
PHP binary:     /usr/bin/php-7.2
PHP version:    7.2.11
php.ini used:   /etc/php.ini
WP-CLI root dir:        phar://wp-cli.phar/vendor/wp-cli/wp-cli
WP-CLI vendor dir:      phar://wp-cli.phar/vendor
WP_CLI phar path:       /var/www/efs
WP-CLI packages dir:
WP-CLI global config:
WP-CLI project config:
WP-CLI version: 2.0.1
よし問題無く動いている。詳しくは wp-cli.orgを見るのがいいはずぅ〜
wp-cli.ymlをちゃんと書いたらもっと楽できるはずなぁ〜

WordPress本体のUpdate方法

  1. DBのバックアップ
  2. CoreのUpdate(5.0へ)
  3. DBのアップデート

1. DBのバックアップ

WP_CLIを利用して手軽にバックアップが取れます。
$ cd WordPressのディレクトリ
$ wp db export [/バックアップファイルのPATH/ファイル名.sql]
wp-config.phpを見てDB_HOSTやDB_NAME、DB_USERを引っ張ってきてくれます

2. CoreのUpdate

$ wp core update
Updating to version 5.0 (ja)...
https://downloads.wordpress.org/release/ja/wordpress-5.0.zip から更新をダウンロード中...
更新を展開しています…

Cleaning up files...
No files found that need cleaning up.
Success: WordPress updated successfully.
ブラウザからポチって押すより安心で楽ちん
ブラウザを利用するとタイムアウトとかが心配で・・・(まぁわたしの環境が変なだけだけど)

3. DBのアップデート

$ wp core update-db
Success: WordPress database already at latest db version 43764.

WordPress 5.0を触ってみて

WordPress 5.0の新しいEditorって賛否ありそう・・・
私はあまり好きでは無いけど・・・基本Typoraで書いてペーストするだけだからあまり気にはならない。 Typoraが最強のMarkdown Editorにそのあたりは書いたぁ〜