新IT時代への提言2011 ソーシャル社会が日本を変える【読書感想】

新IT時代への提言2011 ソーシャル社会が日本を変えるを衝動買いした。

こんな面白い本と出会えてラッキーこれだから本屋に行くのは楽しいねー

ソーシャル社会というタイトルが付いているが、「各分野のエキスパートからの提言を集めたもの」とはじめにに書かれている。

対談村井純×藤原洋を読んでわくわくした。
デジタル環境は人間の創造性を自由に解き放つ(p.022)

紙の教科書では教えられなかったこと、あるいは訓練されなかった新しい才能や能力が、電子教科書を通じて発掘・訓練できなければ意味がない

たしかに、そのあたりはツール(電子教科書含む)だけに期待するのはなぁ
ツールを利用して教育を行う先生方への教え方を変えていかないと
イノベーションを起こそう!!という勢い必要かもね

新しいものを取り込んで新しいビジネスを創造(p.074)

Don’t be binary!(0か1かで議論するな)

セールスフォース・ドットコムのCEOのお言葉らしいがかっこいいよね。

信じるかどうかは別だが

クラウドのセキュリティーに問題があると考えるのは、「自動車や飛行機は事故を起こす可能性があるから危険だ」という理論でしかない

ちょっと使わせてもらおう^^;;

携帯電話業界の悲観論者は的はずれな意見ばかり(p.098)

「iPhoneがこれだけ世界に展開しているのに、なぜiモードはそうなんていないのか」

私も勘違いしていました。
iOSかAndroidかWindows Phoneか?と言われたら携帯電話メーカーはAndroid一択だよなぁ
Androidしか選択できないというか、選択肢がないというか・・・

Skypeとjibeで攻めに転じたau(p.104)

ソーシャルアドレス帳「jibe」を載せてきた。ツイッターやフェイスブックなどのSNSのアカウントを一元的に管理でき

アドレス帳の次の形は複数のSNSも管理する形式になるんだ。
これはたしかに必要だよね。

こんなネタが続いています。
すごくいい。
発売されてすぐに読んだほうがいいと思う。

半歩先へ!!!

“新IT時代への提言2011 ソーシャル社会が日本を変える【読書感想】” への1件の返信

  1.  クラウドの話…いいっすね…
     でも、こんな悲惨な天災見せつけられたら…(涙

コメントは受け付けていません。