タッチペン(PIP-TP2)を使ってみた。

iPadの手書きアプリの7noteを絶賛利用中なので、スタイラスがほしい病にかかっています。

プリンストンのPIP-TP2を使ってみた。

ペン先?のゴムの部分が超柔らかい
ぷにぷに

いいところは
滑りがいい
見た目以上に細い字がかける

滑りはビックリするぐらいいいです。
本当に先はゴム?って疑いたくなるぐらい。
見た目以上に細い字も書けるのもありがたいです。

iPadよりもiPhoneやXperiaみたいなスマートフォンに主眼が置かれているような気がします。
そのためサイズはiPhoneとほぼ同じぐらいの長さのタッチペン
だから長く握るには辛いです。
私はもう少し長いほうがいいなー

ぴったりフィットするのを探してみます。

“タッチペン(PIP-TP2)を使ってみた。” への1件の返信

コメントは受け付けていません。