iOSでとある業界の未来を見れる気がする

木村カエラが Skrillex, Dirtyphonics 投入で劇薬と化したマッシュアップを知って驚いた。

この動画見てやられた。かっこいい。

KORG iKaossilator()とBeatMaker 2()を使ってこんな楽しいことが。

KORG iKaossilatorの元ネタとなっている。KAOSSILATORは定価24,780円とかするので、アプリケーションはかなりお得。

KORG iKaossilatorをiPadに入れたら長男が触って喜んでいるし

KORG iKaossilator

って超コンパクトなシンセサイザー。触ればそれなりの音が鳴るのがうれしい。
素人でもそれなりのループができるし、子供も楽しめる。
本気でやればいろいろできそうなポテンシャルも秘めている。

KORGの罠かもしれないけどiPadやiPhoneでハードウエアを買わなくて良くなった気もする。
サンプラーもアプリケーションとしてあるし
さっきも書いたけど少し遊ぶのに24,000円以上出さないと遊べなかったものがアプリで1,700円とかで買える。
それも思ったときにすぐにダウンロードして遊べるというすばらしい環境が整いつつある。
もちろん専用機の方が良い場合も多々あるだろうが、入門としてのアプリケーションというのは裾野を広げる意味でもいいと思う。
価格も抑えられているし、専用機のKAOSSILATORだったら私は買わないから、サンプラー触る機会も生まれないんだよなぁ〜と思った。

専用機の1/10で買えるんだよなぁ。もちろんiPadやiPhoneの費用は含んでいないけどねー

この手のアプリって増えてきている。KORGががんばっているからかなぁ?
KORG iKaossilatorの他にもKORG iELECTRIBEとかKORG iMS-20も出しているし、アナログシンセなんて専用機と比べたらいったいどれぐらいコストがかからずに遊べるのか・・・・

この分野に対するiOSの進出がおもしろいよねぇと思う。
iOSアプリにすることによって裾野は間違いなく広がるよね。私みたいなとりあえず興味だけの人でも実際に触れる世界。
ありがたい。

でもBeatMaker 2はさっぱりわかんねーーー^^;;
これは真面目にやらないと遊べないものなのかも・・・・・
BeatMaker 2入門のページを探してみるかなぁ。

最初はアプリを触って入門するという業界が今後もっと増えそう。
どの業界がこのアプリとかに移るかはわからないけど楽しみな未来が待っている気がする