3画面での運用【15インチRetinaで良かった】

ふとMacBook Airを利用していた時のTSdrena Mini Display Port → HDMI・DVI・Display Port マルチ変換アダプタ SPM-CAMDCB-Wがあったことを思い出して再利用してみる。

3画面にしてみた。

2012 11 02 13 10 44

モニターはPL2475HDとBenQX2000W各モニターの配置はL字を90度反転させたような感じにしてみた

2012 11 02 131044

問題は、机の上がめちゃくちゃ狭くなった、モニターが壁だよな。
3画面もあるとモニターも使い分けが必要だなぁ

モニターを便利に使うならBetterSnapがないとやってられないな。
BetterSnapTool App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥170

ぴったりとひっつけるには必須。BenQX2000Wは3つのアプリ専用に配置

2012 11 02 13 27 24

Tweetbot、Mailplane、Skype/ircだけのエリアにしてみる。

Tweetbot for Twitter App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: ¥1,700

メインはブラウザやターミナル関係。
Retinaの画面とPL2475HDの使い分けは基本はPL2475HDだけどRetina対応しているアプリはRetina側で開くようにはしているぐらいかなぁ。
高さはPL2475HDの方が見やすいのでそちらがメインにはなっている。

しばらくこの環境で運用してみようかな。

Retina→PL2475HDはHDMIにて接続
Retina→BenQX2000WはTSdrena Mini Display Port → HDMI・DVI・Display Port マルチ変換アダプタ SPM-CAMDCB-Wにて接続

MacBook ProならHDMIの出力がついているから3画面がやりやすい。
Thunderbolt経由でもう1枚いけちゃったりするのか?
3画面って正直広い。
サイバー以上。

仕事が捗るかは今後のお楽しみ^^;;
HDMIがついているMacBook Proだから手軽に3画面いけるんだよね。
AirだとThunderboltのモニターが外部出力装置が2つも必要なんだもん

カテゴリーMac