Amazon Kindleの感想

買ったわけではないぞー^^;;

後輩が持っていたAmazon Kindleを触らせてもらう。
青空キンドルがかなり優秀すぎる!!!
ルビとかがちゃんと文庫と一緒でいい*^o^*
メリットでもありデメリットでもあるバックライトがついていないので
予想以上に目が疲れない。
これはうれしい。
電子ペーパーはクアルコムのカラー液晶パネルに期待かなぁ

反応速度も我慢できる速度。ただiPhoneやiPadに慣れていると液晶に触ってしまう^^;;
これはねーしょうがないよねー

Amazon Kindle は iPhoneより軽いんじゃないの?
軽すぎるぅ~

今は電子書籍マーケットがあってないようなものだから
自炊がメインとなるよなぁ

自炊したファイルは自炊したファイルの出来に完全に依存する^^;;
斜めとかにスキャンされているともちろん読みにくいし
ゴミとかの除去もそうだよねぇ
図とか写真は・・・^^;;まぁ電子ペーパーなのでスルーします。

SONY電子書籍リーダーも白黒だしー
カラー表示できるGALAPAGOSがある!!!と思ったら値段で倒れた
39,800円・・・iPad買いますよこの値段だったら

今のところ実用的な電子書籍リーダーはKindleなのかなぁと感じました。
対抗がiPadかなぁ。
電子書籍ビジネスはどうなるかわからないし、自炊コストによりけりで電子書籍リーダーの普及につながるのかなぁ

個人的には昔手に入れたSnacSnapの利用強化!!ということかな^^;;

“Amazon Kindleの感想” への3件の返信

  1. 14階にお勤めのKさんは、資料用にKindleに自炊して入れてるそうですよ。
    (配布されれる資料がPDFもあるそうな)
    聞いたときには、おお。となりました。

    1. さすがMacBook Airを買った先輩は違う!!!
      電子書籍はまだ目が離せないっすよね。
      なにがスタンダードになるのかなぁ

  2. > 予想以上に目が疲れない。

    これ、良いですねぇ…。iPad と比べると、「テキストを読む」のは Kindle の方が目に優しいんだろうなぁ、と考えてしまうのですが、既に iPad を買ってしまった件について..。

コメントは受け付けていません。