YouTubeの限定公開とifreame

YouTubeの限定公開を最近は利用している私

限定公開(新)
公開対象:動画のリンクを知っている全てのユーザー
この設定の動画は、検索結果、動画を掲載しているチャンネル、閲覧ページなどYouTube の公開ページには一切表示されませんが、動画のリンクは誰とでも共有可能で、リンクを知っている人であれば誰でもこの動画を観ることができます。

Blogとかでも埋め込みで使えるけどYouTubeの検索には引っかからない
うれしいよねぇ~

YouTubeの埋め込みでiframeが使えるようになっている。
iframeを利用すると再生環境に合わせてHTML5かFlashで再生してくれるというもの。
うれしいよねぇ~

ifreameを使った埋め込み

<iframe title=”YouTube video player” class=”youtube-player” type=”text/html” width=”480″ height=”390″ src=”http://www.youtube.com/embed/FyJ8QpamtRM?rel=0″ frameborder=”0″></iframe>

ifreameを使わない埋め込み

<object width=”480″ height=”385″>
<param name=”movie” value=”http://www.youtube.com/v/FyJ8QpamtRM?fs=1&hl=ja_JP&rel=0″>
</param>
<param name=”allowFullScreen” value=”true”>
</param>
<param name=”allowscriptaccess” value=”always”>
</param>
<embed src=”http://www.youtube.com/v/FyJ8QpamtRM?fs=1&hl=ja_JP&rel=0″ type=”application/x-shockwave-flash” allowscriptaccess=”always” allowfullscreen=”true” width=”480″ height=”385″>
</embed></object>

今後のHTML5を考えるとFlashに依存するのもどーよという話もあるし、
動画表示させるためにたくさん埋め込みコード書かなくても良いし
今後はifreameにしていこうかなぁ

ただWordPressでは「ビジュアル」モードを利用してコンテンツ作成すると消えてしまう罠(–;;
WordPressの個人の設定欄で「ヴィジュアルエディタを使用しない」にチェックするといいらしいが・・・どうしようかなぁ

Amazonのアフィリエイトでの画像もifreameだから楽天を使っていたのは秘密です^^;;
「プレビュー」を使えばビジュアルモードいらないという話もありますが
プレビューって遅いんだよなぁ

“YouTubeの限定公開とifreame” への1件の返信

コメントは受け付けていません。