AWS Reserved InstanceのOffering Type

東京RegionでReserved Instanceを契約しようとした時に出てきたOffering Type
前はそんなの無かったけどなぁ^^;;
いろいろなタイプのReserved Instanceが選べるんだね。
PlatformはLinuxでInstance Typeはt1.microで計算してみる。

Offering Type One-time fee Hourly usage fee 年間コスト
Light Utilization $24.00 $0.017 $170.88
Medium Utilization $57.00 $0.011 $152.04
Heavy Utilization $65.00 $0.009 $142.76

初期導入コスト+1年間(720時間×12ヶ月)使った場合で年間コストは算出しています。
適当なグラフは下記の通り。

このグラフを見ると5ヶ月以上使うならReserved Instanceを使わないと損だね。
Offering Typeは「Heavy Utilization」「Medium Utilization」どちらを使うかだなぁ。
シンガポールリージョンの時は使い始めてすぐに東京リージョンが発表されたし・・・
でも東京リージョンよりコストパフォーマンスが良いRegionって今後出てくるのかなぁ?

適当にEC2のReserved Instanceに申し込みしよう。
ついでにRDSのReserved Instanceも申し込まないとなぁ〜

RDSの計算してびびった・・・

PlatformはMySQLでInstance TypeはSmallでMulti-AZはなしで計算してみる。

Offering Type One-time fee Hourly usage fee 年間コスト
Light Utilization $103 $0.092 $897.88
Medium Utilization $239 $0.066 $809.24
Heavy Utilization $290 $0.054 $756.56

適当なグラフは下記の通り。

RDSはReserved Instanceにしないと大変なことに・・・・
Singapore Regionの時はRDSに対しては何もしていなかったのに気がついた・・・・
年間の差額が$360以上あるぞ・・・・

コストを下げるにはEC2を使ったら負けではなくRDSを使ったら負けだな
RDSのMicroを出してください。