骨伝導ヘッドセットOPENCOMMが届いた

2021年2月24日

Voiced by Amazon Polly

OPENCOMMの宣伝をFacebookとかで流れていたし、知り合いも購入して良いという評判だったので注文してみた。

18000円ぐらいで安くは無いけど遠隔授業と対面授業のハイブリッド授業では必要だと思ったから人柱^^;;ハイブリッド授業をするわけではないんだけど・・・

対面の生徒の声が聞こえないと困るし、その逆にリモートにいる生徒の発言も聞こえないと困る。と思うから骨伝導ヘッドセットって相性良いような気がします。

結果

最初に結果を買うと大満足なGadget。

テレワークで個室がある人とか1人で住んでいるひととかでなければ買う価値あり。11/30まではクラウドファンディング期間中らしいのでちょっと安いです。

OPENCOMMって?

公式サイトによると「次世代型骨伝導ヘッドセット」ということらしい。

骨伝導ヘッドホンとは、音の振動が「骨」を通じて聴覚神経に伝わります。

耳を塞がないので外部の音が聞こえるというメリットがあります。音質は良くないと思い込んでいたので普通に使えます。

YouTubeをみたときにいまいちかなと思いましたがちゃんとフィットさせたら音質は向上しました。つけかたが重要っぽい。

公式サイトにも書かれているけどOPENCOMMの特徴は下記のようなのがあるっぽいです。

  • 常に周囲を意識できます
  • デュアルノイズキャンセリング・ブームマイク
  • 快適なオープンイヤー
  • 最大16時間の使用時間

骨伝導のメリットは耳を塞がないということで呼ばれても気がつくというメリットがありますし、外出時にもアリだとは思う

ただ外出時はマイクが異様にうつるかも・・・

装着感とメガネとの干渉問題

耳の上部と前方部分にひっつくのでAirPodsより装着感はいいです。AirPodsは長時間つけていると落ちるんだよなぁ(イヤーチップが合ってないとかはあるのか?)

私が骨伝導ヘッドセットを買うのを躊躇していた理由は「メガネとの干渉」形状がめがねのツルとぶつかりそうな気がしていたんだよねぇ~

干渉もないし、長時間つけていられます。ヘッドホンをかけていることを忘れます^^;;

気になるところ

  • 充電ケーブルが特殊形状
  • 耳がかゆい

まじで勘弁して欲しい。これケーブル無くすフラグしか見えない・・・マグネット式で急速充電可能でといいんだけど、汎用性がまったくないのが・・・充電ケーブルの単体販売もやるぽい噂もあるけど・・

ちゃんとフィットしていないんだろうか骨に振動が来て耳がかゆい。ポジション探しはもう少ししてみます。

ポジティブな感想

マイクもついているのでテレカンデモ普通にできる。Bluetoothなので自由度は増します。

マイクにノイズキャンセル機能もついているので、テレカンや遠隔授業に便利。あとは口とマイクの位置が一定なので相手にも聞きやすいはず。

特殊な使い方だけど、OPENCOMM とAirPods Pro両方をつけて利用という謎の使い方をしました。

OPENCOMM と PCを接続してテレカン。AirPods ProとiPhoneとUDトークを接続してTranscript。理由は骨伝導ヘッドセットと関係無いから割愛

まぁマイクを2本立てるとかしたらいいんだけどね。それも場所取るし、ツール側が日本語Transcript対応するのが1番正しいよね。さっさと対応して欲しい。

このTweetも見た事ある方もいらっしゃると思いますが、長時間のイヤホン使用は体に良くないらしい

1人でとか個室でリモートワークならAnker PowerConfで十分なんですけどね

 

OpenCommはとりあえず購入したほうがいいよ。