Locktightを入れてみる

WindowsだとWindowsキー(コマンドキー)+LでロックかかっていたけどMacだとできない。

ホットコーナーを利用して「スクリーンセイバーを開始する」にしている方もいらっしゃる。

2012 05 28 01
できればマウスではなくショートカットを利用してスクリーンセイバーを開始したかった。

他にも方法はあるっぽいけど私はLocktightを導入してみた。
LockTight for Mac OS X Intel

画面下部の「LockTight for Intel (tar, bzip. 88kbyte file, HTTP download)」からダウンロードして展開をする。
展開されたLockTight-0.1 intelの中にある。LockTight.prefPaneを実行。

そしたらシステム環境設定の中に「LockTight」が出てきます。
2012 05 28 02

Enable LockTightにチェックを入れてショートカットを登録します。
私は「Shift+Command+L」にしました。
2012 05 28 03

ばっちりOK
これでショートカットでロックがかけきれます。

他に検討した方法はBluetooth Screen Lockを利用する方法もありますね。
登録したBluetooth機器がDisconnectになるとロックがかかる仕組みらしい。
iPhoneを持って移動したらロックかかるのも悪くはないよねぇ〜

Bluetooth Screen Lock App
カテゴリ: ビジネス
価格: ¥85

自分に最適な方法が選べる幸せ。

カテゴリーMac