さくらVPSを利用してみる

さくらVPSが980円/月だから契約してみる。
EC2のMicro Instancesよりも安いのとネットワーク的には近いだろうということで契約。

リモートコンソールが使えるのはすばらしい。
OSの再インストールも楽ちん。

バックアップはAWSの方が楽っぽいなぁ。
テスト環境(Micro Instances)→本番環境(Small Instances/Large Instances)へのスケールアップはAWSが楽っすね

こちらのサーバは
DNSとmadokaを動かしてみようと思っています。
個人的にはDNSサーバをしっかりしたところで動かさないと面倒なことになると思っている。

恒例のRTT測定。

場所 RTT(Avg.)
US East(Virginia) 210ms~288ms(235ms)
US West(N.California) 158ms~235ms(176ms)
Asia Pacific(Singapore) 107ms~224ms(116ms)
さくらVPS 35ms~95ms(40ms)

ダントツ早いっすねーシンガポールの半分
さすが国内のiDC

これなら複数台数契約してもいいかもーーー
もう1台はServersMan@VPSを借りるべき?

触ってみた感じはスペックの低いマシン1台で処理できるならさくらVPS
スケールアウトやらDBを考えるならAWSという感じかな。

私の個人ドメイン(barasu.org)はさくらVPSで十分なのがわかった
ただ少し遊びたいから私はAWSを利用。

IPv4のアドレスがもらえて、サーバのrootまで使える環境が個人でも複数借りられるのはすごい世の中になったよなぁ。
月々の料金も安いし、勉強用のサーバとしての利用にも使えるし。

つくったそばからこんなアナウンス

来週にインストールし直そう。
IPが変わるといろいろ面倒だから再インストールをする予定。

“さくらVPSを利用してみる” への1件の返信

  1. さくらのvps借りて見ようとちょうど悩んでた。
    てかvpsどこがいいかなーと調査しまくってるところだった。
    mixi復活して(?)あすまちんのブログ見たらイイ感じで参考になりそう。

コメントは受け付けていません。