iOS 15でのiCloud Private Relay

Voiced by Amazon Polly

WWWDCのキーノートで発表されたiCloud Private RelayはiCloud+のSafariは2カ所を経由してIPアドレスを隠してくれるの記事を読んでもらうのが一番手っ取り早いかと思うけど

サーバへのアクセス元IPを隠す機能という認識。イメージは2段Proxy?

実験

確認方法はiCloud Private Relayを有効にしたままこのサイトにアクセスしてみてアクセスログをみてみる

  • iPhoneのSafariでのアクセス
  • iPhoneのChromeでのアクセス
  • iOS14のiPhoneのSafariでのアクセス
OSとブラウザPrivate RelayLogに残るIPOrganization
iOS 15のSafariON2a04:4e41:xxxx:yyyy:zzzz:612bFastly, Inc.
iOS 15のChromeON240f:cf:3b6f:1:xxxx:yyyy:zzzz:5b89KDDI CORPORATION
iOS 14のSafari機能なし240f:cf:3b6f:1:xxxx:yyyy:zzzz:2237KDDI CORPORATION

なるほどねぇ~SafariからのアクセスはFastly経由になるのか。この場合はFastlyに近いCDNからの配信になるのか?US RegionのCDNコストが上がるのかなぁ~ (調べる元気がないからスルー

v4は・・・v4 Onlyな環境は用意出来るけどそこまでしたくないなぁ~ということで見ないフリをしています。

アプリはどうかと思い、TwitterとFacebookの両アプリからこのサイトのURLをクリックしてみたら

TwitterはiCloud Private Relay経由、Facebookは直接とPrivate Relay両方からこのことからアプリの作りでiCloud Private Relay経由になるやつとならないやつがあるのね。

ただ、GeoIPで判断とかしていると・・・ほかにもNetworkが近い人が対戦とかもIP隠されるわけだし

まとめ

ユーザにとってはプライバシーが守られるというメリットはあるけどサービス提供側やEnterpriseの管理者からはいろいろと大変そう。

iOS 15には上げないでというゲームアプリとか出てきそうな気がする。まぁ速攻あげる一般ユーザがどれぐらいいるかわからないけど

あと、Fastlyの株価が爆上げに違いないと思ってみたらそうでもなかった^^;;

iOS 15とWindows 11のリリース時期が近いから2021年の秋は楽しみ