Webの速度が遅い(らしい

たまたまGoogle Search Console を眺めていたらモバイルの速度が遅いらしい。

急に赤の低速がはねている。11月中旬になにかあったかな?WordPressのUpdateが原因?

Luxeritasのアップデートを検討してみようかな。

フォントをUDデジタル教科書体にしたタイミングで遅くなったかと思ったらフォント変更は8月っぽい・・・

Webフォントプランはまだ余裕あるのね

速度を出すためにはTTFB(Time To First Byte)を短くするのがいいんだけど・・・これがまた難しい。

2018年夏と比べて見る

GTmetrix

GTmetrixで調べてみるとフォントとかなのか前に調べたとき(1秒以下を目指すの?)よりも遅くなっている。

前は970msだったのが今は3.4s・・・ちょっとまって3倍以上に伸びているんですけど・・・

webpagetest.org

webpagetest.orgで測ってみると

2018年10月

2020年1月

First Byte TimeがA → F 数値をみてもGTmetrixの数値とほぼ一緒の3.334秒これは何かがおかしい。サーバ入れ替えたのが原因???

変更箇所は

  • OSをAmazon Linux 1 → Amazon Linux 2
  • PHP 7.2 → PHP 7.4
  • h2oをsrcからbuildではなくrpmからインストール
  • t2.microからt3a.microへ

が今回の大きな変更点だけど・・・

なんだろうか?

サーバのInstanceサイズ変更

さすがに旧サーバを起動してもテンションが上がらないので、同じ構成でInstanceを変更してみる。

現状の環境

テスト方法

  • Instanceをt3a.smallに変更してwebpagetest.orgでチェック
  • Instanceをt3.microに変更してwebpagetest.orgでチェック

これだったらInstanceの違いによるFTTBの違いがでてくるかなと思って。もっと厳密にやれと言われそうだけどまぁいいや^^;;

T3aのInstanceをt3a.small

  First Byte Time Score
t3a.micro 3.334秒 F
t3a.small 2.888秒 F
t3a.medium 2.699秒 F

まぁ予想通りだよね・・・
Networkの問題をサーバ Instanceサイズでどうにかしようというのは間違っているよね

keyCDNのPerformance Test

keyCDNのPerformance Testをやってみると・・・

東京からのDNSの反応速度が17.4msでもTTFBが3.5秒ってなんで???CloudFrontとEC2(Originサーバ)の間の問題?