iPhoneで撮るなら静止画ではなく動画の方が便利?

皆様は静止画、動画どちらを利用されていますか?

私は基本写真で記録を撮っていました。某所のやったイベントのレポートを書くことになりました。
写真はそんなに撮ってなかった・・・

動画はちょこっと撮っていたので動画から静止画を抜き出す方法を調査しました。

利用アプリケーション

動画編集といえばAdobe Premiereであればなんでも出来るんでしょというぐらいのど素人。
Creative Cloudに入っていてよかったぁ〜と思う瞬間って年に数回あるよね^^;;

静止画を出す方法

  1. Adobe Premiereを起動
  2. 静止画を抜き出したい動画クリップを読み込む
  3. 必要なフレームから書き出す

これで終わり。
静止画へ書き出すアプリとか入れなくていいから楽だよねぇ〜

Adobe Premiereを起動

普通にAdobe Premiere Pro CC 2018.appを起動します。




タイムラインに読み込み


iPhoneから必要な動画クリップをAirDropなりでMacに移して読み込ませてください。

必要なフレームを静止画にする

書き出し → メディアでJPEGに書き出すと全部のフレームが書き出されます。
今回は1フレームだけでいいので

フレーム書き出しを選択します。

書き出しファイル名を指定します。

これで書き出し完了です

書き出しサイズはフルハイビジョンサイズ(1920 × 1080 ピクセル)になります。

まとめ

これで動画から静止画を書き出してレポート作成に使えます。静止画ではなく動画を撮って静止画への書き出しの方が面倒だけど色々使えるような気がします。
blogとかに画像を貼りやすいというメリットもある^^;;

アニメーションGIFへの書き込みが可能なのでYouTubeとかにあげない動画をblogに貼るのはアリかもしれない。(私はやらないけど
30秒以下の動画(60M)をアニメーションGIFに書き出したら600M弱になって使えないと判断しましたけど^^;;
サイズがフルハイビジョンなのが悪いのかなぁ〜
600MものファイルをダウンロードさせたらAWSだと死ねる・・・
まず無理