地デジTVが我家にやってきた

日立のWoooがやってきた(^o^)

P42-HP05というプラズマTV。

正直プラズマってまだ販売しているんですね^^;
日立やPanasonicはまだプラズマTVを作っているのか。
てっきり世の中すべて液晶だと思っていました。

プラズマのメリットとデメリットを読んでもそこまで私が区別がつくか謎
Wikipediaの液晶テレビの項目に書いてあるメリット・デメリットでわかりそうなのは下記の点ぐらい^^;;
メリット

  • 大画面・低コスト(特に大型になればなるほど、液晶ディスプレイよりも安い)。
  • 液晶と比較して画面強度が高く、パネル割れが起こりにくい。

デメリット

  • 最大消費電力が高い。
  • 液晶に比べて高精細化が難しい。

録画機能がついているのは録画機がない我家にとってはありがたい気がするけど、今まで録画していなかったから内蔵の250Gで足りるような気もする。
カセットHDD「iVDR-S」って思ったより高いですね~
録画すると足りなくなるとは思うが録画画質はどれぐらいで撮るべきなのかもわかんねーーー

画質とかはあとで確認する。

とりあえず箱が大きい(>_<)

薄いのにこんなに重い・・・
昔の17インチモニターって重かったなーーーとか懐かしくなってしまった^^;;
運ぶのに一苦労

置き場所とかも考えないとな~

“地デジTVが我家にやってきた” への4件の返信

    1. 普通にむりだろーーー。
      引っ越すならTVより私の居場所を・・・(ぉぃ

  1. 250GBではそのうち不足するだろうなあ。うちのREGZAは2TBにしました。

    1. やっぱり1度録画することを覚えると容量くいそうだなぁ。

      NASに録画できるか調べてみます。

コメントは受け付けていません。