AirTagに未来を感じる

Voiced by Amazon Polly

AirTagはAppleが出したトラッカー

Apple、落とし物トラッカーAirTag発表。3800円で4月30日発売 – Engadget 日本版によると

AirTagはBluetoothを利用したトラッカーで、TileやMAMORIOなどと競合する製品。

TileやMAMORIOとかにとってはファーストパーティが出してきたというのはかなり恐ろしいよね。トラッカーアプリを入れなくて良いと言うことはAirTagに書かれているように

ビーチやジムなど、離れた場所に置き忘れてしまった場合は、世界中にある数億台のiPhone、iPad、Macデバイスの「探す」ネットワークが、あなたのAirTagを追跡するお手伝いをします。

これはトラッカーとしての強みが半端じゃないよね。これだけで買うでしょ^^;;

どうせ複数使うだろうと思って4つセットを注文

財布につけてみる

発売日に届いたので早速財布につけてみました。

AirTagと段ボール財布とはビニールテープで貼り付けてみました。これがおしゃれでもないし、邪魔なんだけど今後はAirTagを装着するスペースがある財布が今後出てきそう。(普通はコインを入れるところに入れて終わりかも^^;;

本当はホルダーが欲しかったのですがAirTagより普通に高い・・・無理です^^;;AirTagが3,800円でAirTagレザーキーリングが4,800円、Hermesに至っては41,800円だって・・・いやー本体よりも高いアクセサリ

Amazonでは本体価格より安いケースもありますが何がいいのかはあとで考える。

子供に使うか聞いたら「いらない」と・・・・(x_x

使い勝手

子供に財布を持たせてモール内で探してみました。「探す」アプリで探せるのはかなり楽ちん。複数iOSデバイスで利用可能だし。

電波が弱い距離

微妙につながるけど良くわからないとか、距離が長いとかの場合は距離までは出ます。

U1チップのメリット

U1チップだと方向がわかるのは楽だよね。U1チップが入っているのはiPhone 11からなのかな。

子供を探すには向かないデバイス

これは気がつかなかった。AirTagが移動したら移動してますというメッセージが出るんだよね。捜し物は動いていないのが前提なのかなぁ~

(スクショとるの忘れていた)

あと音は人混みの中では聞こえませんでした。音でわかりますは部屋の中で探すときぐらいにしか役立たないかも。

何につけるかからの3Dプリンタ

良く行方不明になるのがAirPods Pro。キーホルダーよりも行方不明になる回数が多い気がします。AirPods Proのケースにも財布同様にビニールテープで貼ろうとしたけど・・・サイズが・・・

蓋を開けたらAirTagがケースからはみ出る・・残念という話をしたらAirTags case for AirPods Pro Case
を教えてもらった。3Dプリンタで出力するのはありだよね。

  1. AirTag + Aired Pro Caseを探す
  2. 謎のデータ(AirTags case for AirPods Pro Case)を教えてもらう
  3. 初心者向けソフトウェアを探し始める
  4. 3Dプリンタを探し始める

だめな流れのやつ・・・

ちなみに初心者向けの3DプリンタはQIDIのX-Makerがいいらしい。

 

稟議を上げてみる。

ソフトウェアはFusion 360が良いらしいのでそれを素直にインストール

今から使い方を・・・