Essential Phoneの感想

Essential Phoneを注文して二週間弱で届いたので、半日程度触ってみた感想です。

外観

Essential PhoneiPhone X
サイズ141.5mm✖️71.1mm✖️7.8mmm143.6 mm✖️70.9 mm✖️7.7 mm
重量185g174g
ディスプレイサイズ5.715.8

ほぼ同サイズ。

持った感じとしてはiPhone 7 Plusより持ちやすい。

付属しているもの

  • USBケーブル(Type-C to Type-C)
  • USB Type C -> 3.5mmイヤホンジャックの変換ケーブル
  • ACアダプター
  • SIMピン
  • 保証書

実はUSBケーブルが Type-C to Type-C・・・・罠だった
普通のType-Aはもう死にゆくInterfaceになるのか?
我が家はType-CケーブルはNintendoSwitchのACアダプタぐらいしかないぞ・・・

次USB急速充電器買う時にはUSB Power Delivery対応のやつにしないとダメだなぁ。

指紋認証

裏に指紋認証があるデバイスも初めてだったけど思ったより使いやすい。
机に置いたままだと解除出来ないという問題はあるけど、持ち上げるとちょうど人差し指のところに認証デバイスがあるかんじ。
これはかなり便利かも。

顔認証もいけるらしいけどこれは使っていない。
Face IDってやっぱり便利?このあたりはiPhone Xユーザに聞いてみないとわからないなぁ。

Essential Phone まとめ

iPhone Xは持っていないので細かいところはわからないけど良い意味でのPoor man’s iPhone Xという感じだなぁ〜
amazon.comのセールで$250で購入で購入したので、かなりコストパフォーマンスは高い。

Android 9 pai

かなり久しぶりのAndroid端末なので9 Paiの機能はなにもわからない。
ただ困ったのはWi-Fiの設定。

ステルスSSIDに接続するときには注意が必要。

非公開ネットワークはデフォルトで「いいえ」なので詳細設定まで開かないと非公開ネットワークには接続できません。
これに気がつかずに何度か入力しては消してを繰り返した。

Facebookで教えてもらったAppleのWi-Fi ルーターと Wi-Fi アクセスポイントの推奨設定を見てみると

非表示のネットワーク
非表示のネットワークでは Wi-Fi 経由で SSID がブロードキャストされません。このオプションは「非公開」ネットワークと称される場合があります。また、対となる非表示ではない状態が「ブロードキャスト」と呼ばれる場合もあります。

設定値:無効

非表示のネットワークでは SSID がブロードキャストされないため、デバイスがネットワークを検出して接続するまで時間がかかる場合があります。ネットワークを非表示にしても、SSID をほかの手段で検出することは依然として可能なため、Wi-Fi ネットワークを保護したことにはなりません。Wi-Fi ルーターでは常にセキュリティを有効にしておいてください。

ということで推奨はしていないのね。

Wi-Fiのセキュリティって何を指しているのだろうか?まさか自宅で802.1Xをやれと???さすがに無理だろうなぁ〜
私もSSIDを見せたくないだけでセキュリティの強化だとは思ってはいない。

結局

数時間しか使っていないからなんとも言えないけど、もう1台ほしくなる。
すぐにファミリーリンクのアカウント登録をして娘に渡してしまったので私が触ることはほぼないんだろうなぁ・・・

今後調べることは

  • ファミリーリンクでの制限
  • セキュリティ対策ソフトって必要?
  • Androidの基本的な使い方^^;;