Body Make Seat Styleを買って姿勢に気を使ってみる【購入】

MTG Body Make Seat Styleを買った

1年ぐらい前から悩んでいたMTG Body Make Seat Styleを購入。
腰痛や肩こりというよりも猫背が気になってそれの矯正がメイン。これで肩こりや腰痛防止にもなればいいかなーという軽いノリです。
お店に置いてあるサンプルに座った時にも思ったが慣れるまでは腰の痛みが悪化するかもというような恐怖感があります。もうすでに歪んでいるからそれを矯正するからかはわからないけど数日使ってみないとちゃんとした効果感じないかも。

これに座ると膝がひっつくので足を組むということがしにくくなりますし、腰が入るので背筋が伸びます。公式ページのモデルさんみたいな座り方になるはず。
8,000円も出さないで膝を常に引っ付けておけるのであればいいのかもと思いながらなかなか続かないから購入に踏み切りました。

MTG Body Make Seat Styleに座ると足が組めなくて腰が入る(骨盤が立つ)から、背筋が伸びて猫背になりにくい体制になります。
猫背になりにくいから胸が開いてキーボードを打つ姿勢も変わります。

MTG Body Make Seat Styleの効果

背筋がS字に気になる効果ですが最初は1時間も座っていたら大変な状況に。痛みとかはないんですが、骨盤が立つ状態に矯正されるので立ってもしばらくは背筋ピーンってな感じです。
座りっぱなしのITエンジニアは肩こりとか腰痛、姿勢が悪いというのは職業病というかしゃーないよねと思われるので座るだけでスタイルが良くなるとかな座るだけで姿勢が良くなるのは試してみる価値あるかも。

キーボードをKinesisにして腱鞘炎をとか防ぐのもありだけど姿勢をよくする投資は必要かもと思った。

椅子をアーロンチェアにするとかのメリットの方が高そうだけど値段的にかなりの違いがあるから

ほぼ強制的に背筋が伸びるのは気分的には良いね。

いいところ

  • 持ち運びが可能
  • 職場と自宅で持ち運ぶことができる。車だったらデスけど
  • 姿勢が良くなる

姿勢がよくなるというか背筋が伸びる。
これはかなり大きいと思う。

あまりよくないところ

「足を組むくせがあるので足を組みにくいのがストレスになる」と思っていたら慣れたら足組んでました^^;;
ダメじゃん・・・・

まとめ

椅子、机、キーボード、モニター、マウス等の身体に触れる部分がすごく大切。
椅子と机は厳しいかも知れないけどキーボードとかは好きなのをちゃんと持ち込んで使いましょう。
生産性向上もあるけど精神的な余裕につながると思うから