【Retina】スリープからの復帰時の速度向上【MacBook】

スリープからの復帰時レインボーカラーになりパスワードが入力できるまでに1分以上かかっていた。
毎回Shutdownさせた方がいいんじゃないの?と思えるような速度

Shutdownさせる運用に戻そうかと考えていたら

【続】最近、MacBook Airのスリープからの復帰が遅いと感じてる方必見!復帰を高速化する方法という記事を教えてもらった。

viva Gunosy

スリープからの復帰時にレインボーカーソルが30秒ほど表示されログインパスワードを入力することができない!とストレスをお感じの方必見です!!(^^)/

これを実施したら劇的に高速化された。
AirでなくてもMacBook Proでももちろん変更可能でした。手順はstandbydelayの値の変更をするだけ。

現在の値は

$ pmset -gで閲覧可能

2013 05 28 5 12 02

初期値の4,200を43,200に変更しました。
sudo pmset -a standbydelay 43200

4,200秒は70分。70分以上スリープするとスタンバイモードに移行するのか・・・
短いよ・・・・

ということでまねして43,200にしてみました。
12時間以上スリープでスタンバイモードに移行するようにしてみた。

18時に業務終了してそれ翌日の朝6時までだったら即復帰が可能な環境。
時間帯は20時間とかでもいいとおもうんだけどね^^;;
これだとスリープ中のバッテリーの持ちがわるいのかもしれないけど
復帰時に時間がかかるストレスよりバッテリーのもちの低下の方が我慢できる。

しばらくこれで運用してみる。

不具合があれば戻せるようにメモとしての記事^^;;

カテゴリーMac