Sky Driveが使いやすくなった

Making personal cloud storage for Windows available anywhere, with the new SkyDrive

Windows8との親和性がすごく高そうなSkyDrive
Microsoft、どこからでもファイルを利用できる“新SkyDrive”を発表には下記のように

この新SkyDriveは非常に野心的なストレージサービスだ。ほぼすべてのプラットフォームに対応した上に、ストレージ容量も現在人気のDropboxなどにひけをとらないか、それを上回る容量を無料で提供している。

マイクロソフトがWindows以外のプラットフォームに即対応というのに気合いを私は感じます。

SkyDrive for OS X Lionを入れたらFinderから普通に触れるようになった。
2012 04 25 03

Pogoplugより利用頻度高くなりそうな気がする。
これはかなり便利です。

「新規ユーザには7GBの無料スペースが与えられる」とかいてあるけど元々使っていたユーザは25Gに無料でアップデートすることが可能!!!
使うかはわからないけど25Gにしました。

容量の管理から「無料アップグレード」を選択します。

2012 04 25 01

ちゃんと25Gになっていることを確認
2012 04 25 02

写真や動画のBackupはSkyDriveで良いような気がする。
iOS版のアプリもさっさと出して欲しいっす。

これをガンガン利用し始めるといつでもどこでもNetworkにつながる環境が当然となるんだろうなぁ

Pogoplugの位置が微妙になりそうな予感。
Pogoplugのメリットももちろんあるけどデータロスの可能性考えたらどこかに預ける方が良さそうだしなぁ
DropboxやGoogle Driveがどんな風に出てくるかが楽しみ。

ストレージがおもしろい。

ちなみに公開フォルダにおいて埋め込みタグも取れる。

何がすごいってS3やCloudFrontを使わなくてもいいということだ
blogの画像はSkyDriveの公開フォルダに入れるのもありかもしれない。
転送料とかかからないからアダルトサイトとかにはいいんじゃないの?

“Sky Driveが使いやすくなった” への1件の返信

コメントは受け付けていません。