AWSのAPI Endpoint

みんなEndpoint覚えているの?
たまにしか使わないから私は覚えられないぞ・・・・

Endpoint=Regionということで
Global Infrastructureをみてメモしておく。
2012/01/10現在のRegion
増えたり減ったりするのかなぁ。減るのは考えたくねーな^^;;

Region
Asia Pacific (Tokyo) Region ap-northeast-1
Asia Pacific (Singapore) Region ap-southeast-1
EU (Ireland) Region eu-west-1
South America (São Paulo) Region sa-east-1
US East (Northern Virginia) Region us-east-1
US West (Northern California) Region us-west-1
US West (Oregon) Region us-west-2

コマンドからの確認もできます。
ec2-describe-regionsと打てば一覧として表示してくれます。

$ ec2-describe-regions
REGION eu-west-1 ec2.eu-west-1.amazonaws.com
REGION sa-east-1 ec2.sa-east-1.amazonaws.com
REGION us-east-1 ec2.us-east-1.amazonaws.com
REGION ap-northeast-1 ec2.ap-northeast-1.amazonaws.com
REGION us-west-2 ec2.us-west-2.amazonaws.com
REGION us-west-1 ec2.us-west-1.amazonaws.com
REGION ap-southeast-1 ec2.ap-southeast-1.amazonaws.com

aws Management Consoleからではなくコマンドから操作するときに必要となる引数。
ほとんどコマンド(API)は使っていなかったけど使うと楽なことがわかり使い始めている。

使い始めるとコマンドを発行するたびに「–region=ap-northeast-1」を入力するのが面倒なのでデフォルト東京Region使うようにしてみた。
.bash_profileに追加

export EC2_URL=”https://ec2.ap-northeast-1.amazonaws.com”

Windowsならsetを使って追加可能です。

set EC2_URL=https://ec2.ap-northeast-1.amazonaws.com

本やググれば出てくるんだけどコマンドをまとめた記事でも書こうかなぁと考えています。