iPhoneで読書

前回のエントリーにも書きましたが、最近iPhoneが電子書籍リーダーとして活躍中。

アプリの作り方次第で読みやすい、読みにくいはあります。
アプリだけの問題ではなく書籍でも同様に読みやすさの問題が発生しますよから、どっちもどっち。

今Studio Voiceを読めといわれたら・・・・^^;;
昔よりかは読みやすいと感じるのかな

iPhoneが電子書籍リーダーとして優秀だと感じたのは

  • サイズがコンパクトだから持ち歩きが楽
  • 明るさ自動調整がついている
  • 画面がカラー

この点

iPhoneのサイズがコンパクトだから持ち歩きが楽

読む本や読書スタイルによるかと思いますが、ほんの少し空いた時間でも読書ができる。
本を持ち歩けばもちろん可能ですが書籍を持ち歩くのはやっぱり荷物になる。
コンビニに行く途中に読書とか。待ち合わせ時間までの間に読書とか。
私は読書する時間が増えました。
片手で読めるのもうれしいです。

画面の明るさ自動調整がついている

iPhoneには外光センサーが内蔵されているので、明るさに応じて画面の明るさを自動で変えてくれます。
そのおかげで布団のなかや屋外でも本が読める。

画面がカラー

Kindleの欠点がカラーじゃないということなんだよなぁ。
写真や挿絵がカラーというのはすばらしい。
カラーが出ないではなくカラーにしないという選択肢はアリだと思う。

今から発売されるiPadですが・・・・
携帯性を犠牲にして大画面
電子書籍ビューワーとしてはいいんだろうなぁ~
私の使い方にマッチするかは別だけど。

小飼 弾の「空気を読むな、本を読め。

(iPhoneアプリ版)」はあっという間に読み切った。

iPhoneアプリの評価は低いがあれはあてにならないよなぁ。と思ったらアマゾンの評価も低い^^;;
私は好き。

読書は水みたいなもの、飲むのが当然。とういスタンスはまねしたい。
読書量を増やすためにも電子書籍ビューワーとしてのiPhoneをもう少し増やしていきたい。