場末サイトの2018/05 AWS使用料

2018年7月17日

久しぶりにAWSの使用料金について書いてみた。

合計(Summary)

$52.99最近はこんなもの昔に比べたら安くなったよなぁ

詳細(Detail)

ServiceInvoice
Amazon Simple Storage Service$0.26
AWS Data Transfer$0.11
AmazonCloudWatch$0.00
AWS WAF$11.64
Amazon Relational Database Service$21.67
Amazon CloudFront$2.27
Amazon Elastic Compute Cloud$15.65
AWS Key Management Service$0.00
Amazon Polly$0.00
Amazon Route 53$1.39

EC2やRDSは高い

EC2 と RDSが全体の50%以上。
そこをどうにかしたらもっとコスト落としきれるなぁ。

ImageOptimで画像をダイエット(画像多め)で元画像を軽くして高速化とコスト削減をしているつもりなんだけどね。

RDSとEC2はどうしようもなさげ・・・
RDSを使わないという選択肢はあるかもなぁ

フルマネージドサービスのRDSではなくLocalにMariaDBを抱いてとか無理と思っているぐらいたるんでいます。

画像は近々Tokyo Regionで使えるようになるFESを使って何も考えずに置く予定。
FESを使えるようになったタイミングでAmazon Linux2なサーバにする予定

WAFも実は・・・

WAFも安くはないんだよなぁ。
この規模でWAFで$11.64。

WAFInvoice
AWS WAF Request$0.21
AWS WAF Rule$0.76
AWS WAF WebACL$9.81

これだけではなくmarketplaceでTrend Micro Managed Rules for AWS WAF – Content Management System (CMS)も利用していて$10.02

Totalは$65程度

Trend Micro Managed Rules for AWS WAFについて

こちらのルールセットでは、Wordpress、Drupal、Joomlaに関するルールを提供しています。

これでWordPressのSecurityはある程度ははじいてくれるかなーと思ってはいる。
Alert Logic Managed Rules for AWS WAF OWASP Top 10 for WordPressTrend Micro Managed Rules for AWS WAF – Content Management System (CMS)で悩んだけど金額でTrend Microを選択

WAF marketplacePrice
Alert Logic Managed Rules for AWS WAF OWASP Top 10 for WordPress$20 / unit
Trend Micro Managed Rules for AWS WAF – Content Management System (CMS)$5 / unit

個人用blogなので安いのが正義^^;;