Amazon EC2 Singapore

EC2がアジアでのサービス開始。場所はシンガポール

We are excited to announce the immediate availability of our first Asia Pacific Region in Singapore.

Linux/Unix Small での値段は下記の表の通り(2010/04/30現在)

場所 1時間あたりの値段
US – N. Virginia $ 0.09 per hour
US – N. California $ 0.10 per hour
EU – Ireland $ 0.10 per hour
APAC-Singapore $ 0.10 per hour

アジア初のRegion

この値段だったら自宅サーバをカリフォルニアに移そうかな
ってシンガポールにできてカリフォルニアにサーバっていうのもあれですが^^;;

USとの回線とシンガポールとの回線帯域はUSの方が広帯域だろうし
でもRTTが・・・・

両方でインスタンスを起動してやってみました。

前回同様pingを100回ほど打ってみる。

シンガポール

EC2 → 国内iDC設置サーバ
rtt min/avg/max/mdev = 91.887/103.221/161.369/14.795 ms
EC2 → 弊社サーバ
rtt min/avg/max/mdev = 126.466/127.878/148.283/2.996 ms

カリフォルニア

EC2 → 国内iDC設置サーバ
rtt min/avg/max/mdev = 122.486/123.090/135.354/1.516 ms
EC2 → 弊社サーバ
rtt min/avg/max/mdev = 158.969/163.709/194.730/5.252 ms

悪くはないですね。
あまりUS-WestとSingaporeは速度的にはかわらないと
比べるためにUS-East/EU-Westは考えなくていいよね?

シンガポールにできたけど日本にも是非作って欲しいです。
ついでに沖縄のiDCはAmazonが全部借り上げる。
これでいいよって思う。

シンガポールで本格運用と考えたら
ツール類が対応してからですね^^;;