認証機関 rds-ca-2019 に変更したら別のところではまる

2019年11月26日

Voiced by Amazon Polly

【早めに準備を!】2020年にAmazon Relational Database Service (RDS)/Amazon AuroraでSSL/TLS証明書をアップデートする必要が生じますを参考に個人用RDSでテストを行う。

問題なく完了!!!

再起動して変更されていることを確認。Auroraだとダウンタイムなしで完了するはず。

 

でついでにエンジンバージョンをアップデート。今はデフォルトが5.7.22らしいので5.6系からUpdateを実施

これもGUIでポチポチとしたらOK

もう1回再起動を実施したらOK。

確認

blogを確認したら何も表示されない状況に・・・

DB周りでトラブっているのは一発でわかる分かりやすい障害

念のためにdumpを取得

mysqldump -u ユーザ名 -p -h HOST名 DB名 > dumpファイル
Enter password:
mysqldump: Got error: 145: Table './DB名/wp_posts' is marked as crashed and should be repaired when using LOCK TABLES

えっと・・・「crashed」なんて出ているんですけど・・・

テーブル破損だよなぁ・・「RDSで良かったーーー」と思ったけど、リストアではなく復旧に挑戦。壊れたテーブル名がwp_postsって名前からして記事が入っているTABLEだよねぇ〜

復旧手順
  1. DB接続
  2. エラーチェック
  3. 修復

の手順になります。

1.接続

mysql -u ユーザ名 -p DB名 -h HOST名

2.エラーチェック

mysql> check table wp_posts ;
+----------------+-------+----------+----------------------------------------------------------+
| Table | Op | Msg_type | Msg_text |
+----------------+-------+----------+----------------------------------------------------------+
| WP_DB.wp_posts | check | warning | Table is marked as crashed |
| WP_DB.wp_posts | check | warning | 2 clients are using or haven't closed the table properly |
| WP_DB.wp_posts | check | status | OK |
+----------------+-------+----------+----------------------------------------------------------+
3 rows in set (0.55 sec)

うーぐ・・・

3.修復

mysql> repair table wp_posts ;
+----------------+--------+----------+----------+
| Table | Op | Msg_type | Msg_text |
+----------------+--------+----------+----------+
| WP_DB.wp_posts | repair | status | OK |
+----------------+--------+----------+----------+
1 row in set (2.18 sec)

無事に修復終わったっぽい。再度エラーチェックを実施

mysql> check table wp_posts ;
+----------------+-------+----------+----------+
| Table | Op | Msg_type | Msg_text |
+----------------+-------+----------+----------+
| WP_DB.wp_posts | check | status | OK |
+----------------+-------+----------+----------+
1 row in set (0.21 sec)

無事に記事が表示されるようになりました。

良かった良かった^^;;