Vulsを最新版にしてみる

Voiced by Amazon Polly
Twitterにこんなのが流れてきた。​ Vuls 0.7.0からWordPressの脆弱性に対応したのか。これで脆弱性チェックができるなら楽だな。 vulsについては2017年に記事を書いてちょろちょろ利用していたけど現在放置中だった^^;;​ ついでにgoも1.12.3にしておくかなぁー

goのバージョンアップ

rm -rm /usr/local/go
wget https://dl.google.com/go/go1.12.3.linux-amd64.tar.gz
tar vzfx go1.12.3.linux-amd64.tar.gz
sudo mv go /usr/local/
確認
go version
go version go1.12.3 linux/amd64
goはこれでOK。mvだけなのでPakageは利用していない^^;;

Vuls

vulsのバージョン確認
$ vuls -v 
$ vuls 0.4.0
あぐ・・・最近サボっているのが良くわかる・・・0.7.0へUpdateを実施

エラーが出る前に消しておく

$ rm -rf $GOPATH/pkg

go-cve-dictionaryのUpdate

$ cd $GOPATH/src/github.com/kotakanbe/go-cve-dictionary
$ git pull
$ rm -rf vendor
$ make install

Update goval-dictionaryのUpdate

$ cd $GOPATH/src/github.com/kotakanbe/goval-dictionary
$ git pull
$ rm -rf vendor
$ make install
これでvulsのUpdateはいけるはず・・・ぐちゃぐちゃになったらgit cloneからやり直せばいいし^^;;(逃げ)

Vuls Update

$ cd  $GOPATH/src/github.com/future-architect/vuls
$ git pull
$ rm -rf vendor
$ make install

Version確認

vuls -v
vuls v0.7.0 build-20190409_092022_6a1fc4f

まとめ

今回はUpdateまでを記事にした。本当はWordPressの脆弱性チェックまでの予定が・・・blogを書くの力尽きた^^;; G.W中にWordPress対応版の記事を書く!!(たぶん・・・・