授業参観ではなく授業のお手伝い

小学校に遊びにいって長男のパソコンの授業を見てきました。
えーっと先生方お疲れ様です。

私の予想の遙か彼方でした。

小学校1年生にパソコンをどう教えるのか?
教えるために必要なことはなにか?
インフラからアプリまで含めて考えさせられました。

「あらゆるレイヤーで足りないことが多すぎる」というのが素直な感想。
予算も環境もスキルもあらゆる足りない。
システムでカバーする限界を超えている気がする。

そのカバーするシステムは可能だが予算的に厳しそう。

「事件は会議室で起きているんじゃない。現場で起きているんだ!」状態で、現場を見て感じ取るのが大変多かった。

この刺激を次につなげるためにどうするか
現状をどう打破できるのか
いろいろ模索していきたいと思います。

システムありきではなく何のために?という本質をもっと見つめたい。

OPENなコンテンツ作りは必要なのは理解できた。

“授業参観ではなく授業のお手伝い” への1件の返信

  1.  まーそーいうことさ…教えることの難しい事、そして環境を整えるのが実に難しい事…ハード面、ソフト面ともにね…

    一人の先生が全てを教えられるってのは、既に当たり前ではないのだよね。。。

    我々は、それを分かっていそうで分からないのも現実問題ってとこかな?

コメントは受け付けていません。